美容オイルって本当に効果的なの?効果実感を高める使い方

スキンケアは一般的に化粧水、美容液、乳液、クリームを使用している方が多いと言います。ここで特集するのはその中でも「美容オイル」についてです。美容オイルは皮脂に非常になじみやすく、保湿力が高いため、乾燥から肌を守ってくれます。

そんな美容オイルは実際にどのような特徴があって、本当に効果はあるのでしょうか。また、効果を実感するためにはどのような使い方をするのが良いのでしょうか。

ここでは、美容オイルの特徴や種類、効果実感を高めるための使用方法について紹介します。

 

そもそも美容オイルとは?

美容オイルって一体何なの?

美容オイルとは、植物や動物から抽出される天然オイルのことを指し、肌だけでなくヘアケアやネイルケアにも活用されます。

美容オイルは保湿の他にもクレンジング剤として使用したり、マッサージオイルとして活用したりと幅広い使用方法があります。

最近ではスタイリングにも活用され、しっとりとした質感をあえて出すという使い方もされるようになりました。

 

美容オイルの特徴とは?

美容オイルは皮脂との馴染みが良く、肌のバリア機能のひとつである油膜を助けて、肌のバリア機能を向上させる働きがあります。肌に油分で膜を張ると、乾燥を防ぐことができ、皮脂の過剰な分泌を抑えることができます。

また、美容オイルはスキンケアのどのタイミングでも使用することができるという特徴を持っています。スキンケアの最初に使用することで肌を柔らかくしてその後のスキンケア成分の浸透を良くする効果が期待でき、最後に使用することで皮脂の代わりとなり水分の蒸発を防ぐ効果が期待できます。

しかし美容オイルはオイルというだけあって、あくまで油分しか補給することができないものがほとんどです。そのため、肌には化粧水などで水分をしっかりと与えるようにしましょう。

 

美容オイルの種類とは?

美容オイルは様々な種類があります。その原材料によって肌への効果は異なるため、自分に合った美容オイルを見つけることが大切です。ここからは人気の美容オイルをピックアップして紹介します。

 

・ホホバオイル

ホホバの種子から抽出されたオイルで、クレンジングやスキンケアに活用される人気の高い美容オイルです。

人の肌に馴染みやすく、「ワックスエステル」という実際に人の皮脂の主成分が含まれています。

またそれ以外にもビタミンEを豊富に含んでいることからアンチエイジングにも有効的です。低刺激で肌に優しいことから、敏感肌の方でも使用することができます。

 

・オリーブオイル

食品としても人気の高いオリーブオイルは、美容でも多く活用されています。

オリーブの実から抽出されたオイルには、オレイン酸という成分が豊富に含まれており、肌のバリア機能を高める効果が期待できます。

それ以外にもビタミンやミネラル、スクワランなども豊富に含まれており、保湿やクレンジング、シェービングにも使用することができます。

オリーブオイルを使用する際は、美容用にしっかりと精製されたものを選ぶようにしましょう。

 

・アルガンオイル

アルガンオイルはシャンプーなどのヘアケアに活用されることが多いオイルですが、実は全身に使用することができます。アルガンの実から抽出されており、カロテンや必須脂肪酸、ビタミンEが豊富に配合されており、肌を柔らかくする効果を持っています。また、抗酸化作用も持っているため、アンチエイジングにも効果的です。

 

・ツバキオイル

日本人女性には昔からなじみ深いツバキオイルは、ツバキの実から抽出されたオイルです。江戸時代から使用されている歴史の長い美容オイルで、一般的にはヘアケアに使用されることが多いとされています。しかし、肌にも使用することができ、肌荒れやシミの予防に効果的だと言われています。

 

美容オイルの効果とは?

・保湿効果

人の肌には、本来「バリア機能」が備わっており、肌を外的刺激から守ってくれます。これは、皮脂が油膜を張って、水分の蒸発を抑える役割を果たします。

しかし、度重なる肌トラブルや加齢などによって、肌の皮脂が減少してしまうとバリア機能は弱まってしまい、肌内部の水分が蒸発しやすくなってしまうのです。そんな時に役立つのが美容オイルです。美容オイルで肌の表面に油膜を張ることで、肌本来が持つバリア機能をサポートする効果があります。

 

・肌代謝を良くする効果

美容オイルは皮脂に非常になじみやすいことから、肌を柔らかくする働きを持っています。肌が柔らかくなると、肌のターンオーバーが円滑になることから、肌の代謝を良くする効果が期待できます。

 

・シミを予防する効果

美容オイルは、抗酸化作用を持つものがほとんどです。そのため、肌の老化を防ぐ役割を持っています。また、紫外線などによる肌ダメージを受けたことによるシミなどのエイジングサインを予防する効果も期待できます。

 

・炎症を抑える効果

古くから人気の高い馬油は、傷跡の治療に多く使用されていました。美容オイルは皮脂に近く馴染みやすいことから、バリア機能を助けて肌の炎症を抑え、改善する効果も期待されています。

 

美容オイルの効果を実感する使い方

・スキンケアの最後に使う

最もオーソドックスな美容オイルの使い方は、スキンケアの最後に美容オイルを塗布するという使い方です。化粧しや美容液などで肌に美容成分や潤いを与え整えた後、仕上げに美容オイルを数滴たらして肌に馴染ませます。馴染ませるコツはしっかりと手のひらで抑えることです。

 

・スキンケアのはじめに使う

洗顔後すぐに美容オイルを使用することで、肌を柔らかくしてくれます。肌が柔らかくなるとその後のスキンケアの浸透がしやすくなります。

 

・美容液として使う

美容オイルには、豊富に美容成分が含まれています。そのため、美容液として使用することも可能です。使用方法としては、洗顔後に化粧水で肌を整えて、美容オイルをその上から馴染ませ、仕上げに乳液やクリームを使用します。

 

・美容オイルを化粧品に混ぜる

美容オイルはスキンケアだけでなく、ファンデーションや化粧下地などに混ぜて使用することもできます。ファンデーションなどの化粧品に混ぜることで、美容効果をより実感することができます。混ぜる量は1、2滴で十分に効果を実感することができます。

 

・ヘアケア、ボディケアにも使用可能

美容オイルは顔だけでなく髪の毛や全身の保湿ケアとしても使用することができます。乾燥が特に気になるところに塗ることで、しっとりとした保湿効果を得ることができます。

 

美容オイルを使用する際の注意点

美容オイルは質が高いもの、相性の良いものを選ぶ

美容オイルは一般的に天然の成分が使用されています。しかし純度が高すぎると逆に肌にとって刺激になってしまう場合があります。また、原材料も肌との相性があるため、できるだけ高品質なものを選ぶこと、また一度トライアルなどを使用してみて、肌との相性を見極めることも大切です。

 

酸化しやすい素材に注意

天然美容オイルは、保存料が含まれていないため、肌にとってはダメージが少ない一方で長期の保存が難しいという欠点があります。

オイルによっては酸化しにくいものもありますが、やはり新鮮な状態で使用した方が効果を実感することができます。そのため、美容オイルはできるだけ早めに使い切るのがおすすめです。また、酸化を防ぐために日光を避けるようにしましょう。

 

肌の水分量は補給できない

美容オイルは、肌の水分量を補給することはできません。あくまで皮脂膜のサポートで、肌の蓋を得られる保湿効果のため、美容オイルを使用する際は、化粧水などによって肌に水分をしっかりと補給することが大切です。これが、保湿効果を実感するコツといえるでしょう。

 

まとめ

美容オイルは天然の安全なオイルで、活用方法も顔だけでなく髪の毛など全身に使用することができます。1つの美容オイルで全身の保湿ができ、使用量は少量で良いことから、コストパフォーマンスも良いこともメリットのひとつだと言えます。

また最近のトレンドであるしっとり感を出すヘアスタイルも、美容オイルを使用することで、顔についてしまった場合でも肌トラブルの心配がありません。

美容オイルは様々な種類があるため、自分自身に合った美容オイルを見つけてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です