保湿に効果的と言われる「エラスチン」って本当に効果あるの?役割や働きについて紹介

コラーゲンやヒアルロン酸と並んで、肌にハリや潤いを与える成分として知られる「エラスチン」は、肌を構成する美容成分のひとつ。エラスチンは、真皮という肌の土台になる部分に存在しており、コラーゲンをつなぎとめて肌に弾力を与える役割を持っています。しかしエラスチンの働きはそれだけに及びません。

ここでは、そんなエラスチンが持つ様々な効果や役割、エラスチンの効果を維持する有効的な方法について紹介します。

 

エラスチンって一体何なの?

肌を作るアミノ酸の集合体、たんぱく質の一種

エラスチンはアミノ酸の集合体でたんぱく質の一種です。肌の真皮層に存在しており、コラーゲンやヒアルロン酸と共に肌の土台作りをしています。また、ヒトだけでなく、脊椎動物の結合組織にも存在しています。

コラーゲンやヒアルロン酸、プロテオグリカンなどと同じく、真皮の繊維芽細胞の外側に存在しているため、「細胞外マトリクス」と言われており、肌のハリや弾力を保つために欠かすことのできない成分です。

エラスチンは成長期に多く作られますが、20代後半から減少し始め、40代になると一気に減少すると言われています。40代に入ると急に肌の老化を感じる方がいますが、それはこのエラスチンの減少が原因だと考えられています。エラスチンが減少することで、肌の弾力が失われて、シワやたるみ、ほうれい線などの肌トラブルが起こりやすくなるのです。

 

真皮層は肌の土台になる部分

ヒトの肌は表皮、真皮、皮下組織の3層から構成されており、エラスチンは真皮に存在しています。真皮層は、肌の土台となる部分で、真皮層が乱れてしまうことで、たるみが発生したり、シワができたりと肌の老化に繋がってしまうのです。

真皮層でエラスチンは網目状に張り巡らされており、フィブリンという繊維とくっついて弾性を保つ役割を持っています。この繊維は、真皮層の上層には肌に対して垂直に、仮想では肌と平行に張り巡らされています。

 

コラーゲンとの違いは?

コラーゲンはエラスチンと同じく肌の真皮層に存在する成分で、肌の弾力を保つ役割を持っています。真皮の約7割はコラーゲンが占めていると言われています。これに対してエラスチンは数%程度で10%にも満たないと言われています。肌では、コラーゲンの方が重要と思われがちですが、実はエラスチンはこのコラーゲンを束ねるという大切な役割を持っています。

エラスチンは800個を超えるアミノ酸の集合体です。コラーゲンも同じくアミノ酸の集合体ですが、コラーゲンにはない「デスモシン」と「イソデスモシン」を持っています。コラーゲンはエラスチンにはない「ヒドロキシプロリン」を持っているのが特徴です。

コラーゲンは弾力はあるものの、強靭で硬いのが特徴。一方、エラスチンはコラーゲンほどの強度は持っていませんが伸縮性を持っています。この二つの特性が欠け合わさることで、肌の土台は作られています。

 

エラスチンの役割

・肌のハリや弾力を保つ

エラスチンは弾力性、伸縮性が高い成分で、肌ではコラーゲンと共に弾力を維持する働きを持っています。ゴムのように伸び縮みすることから、肌についた跡をシワになる前に元に戻すなどの役割を持っています。しかし、エラスチンが減少してしまうと、肌の弾力は失われて、シワやたるみの原因になってしまいます。コラーゲンを束ねるエラスチンがあることで肌の弾力性は維持されることから、コラーゲンだけでなくエラスチンも一緒に摂取するように心がけることが大切です。

 

・靭帯、動脈、肺でもエラスチンは重要な役割を持っている

エラスチンは肌以外にも存在しており、人間の生命を保つ役割を持ちます。

靭帯や血管、肺に多く存在しています。靭帯では約80%、動脈は約50%、肺は約20%のエラスチンが含まれています。肌にあるエラスチンは10%にも満たない割合であることから、エラスチンは美容というよりも健康にとって重要な成分であると言えます。

エラスチンの減少は、靭帯であれば伸縮性が下がってケガをするリスクが高まり、血管であれば血栓や動脈硬化などの原因になってしまいます。

エラスチンは年齢と共に減少してしまうため、積極的に摂取する必要があります。

 

・減少は血管系の病気を引き起こすリスクが高まる

エラスチンは血管にとって非常に重要な役割を持ちます。心臓の周りに存在する弾性型動脈という血管にエラスチンは多く存在しています。そのため、エラスチンが減少してしまうと、血管の柔軟性がなくなり、動脈硬化や心筋梗塞、脳血栓などの血管系の病気を引き起こすリスクが高まってしまうのです。

そのため、エラスチンは美容だけでなく、人間が生きる上でも欠かすことができない重要な成分だと言えます。

 

エラスチンを維持する方法とは?

エラスチンはいかにして減らさないかが重要

体内のエラスチン量は25歳前後がピークだと言われています。その後は減っていく一方のため、積極的に補給することが大切です。エラスチンは一度壊れてしまうと再生されないため、ピーク時からの量を減らさないということが、エラスチン維持には非常に重要であると言えます。

 

ストレスを避け、生活習慣の乱れを整える

エラスチンを維持するために必要なのは、「酸化」と「糖化」から体を守ることです。

これらは老化の主な原因と言われており、これらを防ぐことはエラスチンを守ることに繋がるのです。

酸化と糖化を防ぐために重要なことが、ストレスを避けること、また生活習慣を整えることの2点です。生活習慣とは、食生活も含めてのことを指しており、糖化の原因となる脂質や糖分の過剰摂取を避けることも含まれています。また、ストレスや不摂生な生活は体にとって害となってしまう「活性酸素」という老化物質を増やしてしまい、荒田を酸化させてしまうのです。スキンケアやサプリメント以上に、酸化と老化を防ぐ生活を送るということは、美容や健康において非常に大切だと言えます。

 

紫外線を避ける

紫外線は肌にとって大敵と言われていますが、エラスチンにとっても良くありません。そのため、日ごろの紫外線対策が非常に大切です。

紫外線を浴びてしまった場合は、下記の成分を摂取すると有効的です。

・ビタミンA誘導体

レチノールやレチノイン酸トコフェリルなどが含まれます。

・ビタミンC誘導体

水溶性ビタミンC誘導体、油溶性ビタミンC誘導体、APPSなどが含まれます。

・ビタミンE誘導体

油溶性トコフェロール、トコフェリルリン酸ナトリウムなどが含まれます。

 

エラスチンが含まれる食べ物

エラスチンはサプリメントだけでなく、食べ物からも摂取することができます。エラスチンを含む食べ物は、モツやスジ肉、手羽先、軟骨、煮魚、カツオの動脈球(カツオの心臓についている組織)などがあります。

 

まとめ

エラスチンは肌のハリと弾力の維持以外にも、人間の体の健康を保つ上で必要不可欠な成分です。

エラスチンは25歳当たりをピークにどんどんと減少し、40代になると急激に減少することから、積極的に補いたい成分。また、エラスチンはその量を維持することが大切なため、ストレスを避けて整った生活習慣を送るようにしましょう。エラスチンは食事やサプリメントから補うことができます。

積極的にエラスチンを摂取することで、美容効果だけでなく健康的な体作りに繋がります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です