シミの原因っていったい何?シミを改善する方法とは?

シミは年齢と共に気になるようになり、鏡を見ると気分が低下してしまうという方も多いのではないでしょうか。シミの程度によっては、メイクで隠しきれるものもありますが、とにかく気になります。

シミは大きく分けて4種類あり、それぞれ原因や対策が異なるため、誤った対処をしてしまうことで、改善するどころか悪化してしまう場合もあるのです。

ここでは、シミ別の原因や特徴、対策について紹介します。

シミが気になるという方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

シミの種類とは?

・日光黒子(にっこうこくし)

一般的なシミは、そのほとんどがこのタイプです。別名を「老人性色素斑」とも呼びます。このシミは薄い褐色~濃い褐色のものが顔や手、背中、前腕など露出の多いところに出やすいのが特徴です。老人性と呼ばれることからも分かるように、30代以降の方に多く見られます。しかし、20代などの若い方でも紫外線をよく浴びている場合は早くに日光黒子が出てしまう場合があります。

 

・雀卵斑(じゃくらんはん)

一般的に「そばかす」と呼ばれています。雀卵斑の原因の多くは遺伝であると言われています。そのため、思春期から目立つようになり、頬や鼻の周りなどに多く見られるようになります。

 

・炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)

炎症後色素沈着は、ニキビ跡や傷跡、やけど、化粧品かぶれなどで炎症を起こしてしまった肌に残るシミのことを言います。このシミは時間経過によって薄くなっていくことがほとんどです。

 

・肝斑(かんぱん)

女性の顔にできやすいシミで、妊娠時など女性ホルモンの変化が激しい時に出てきやすいという特徴があります。このシミは、紫外線で悪化しやすく、頬のあたりに左右対称にできる特徴も持っています。レーザー治療をすることで悪化してしまう場合があるため、このシミは見極めることが非常に重要だと言えます。

 

シミの原因とは?

・日光黒子

日光黒子の主な原因とされているのは、紫外線です。紫外線をよく浴びている、または浴びていた方や、UVケアをあまりしていない方、露出の多い服を着ている方は日光黒子ができやすいため、注意が必要です。

 

・雀卵斑

雀卵斑は遺伝によってできることが多いシミのため、親族に雀卵斑がある方がいた場合は、雀卵斑のできやすい体質だと言えるでしょう。しかし、これは思春期にててくることが多いタイプのシミのため、大人になっても出ていない場合は、ほとんど心配ないと言えます。また、紫外線を浴びることによって、濃くなったり増えたりする場合があります。

 

・炎症後色素沈着

虫刺されや湿疹、ニキビ跡、化粧品かぶれや傷跡などの炎症が肌に残ることによってできてしまうシミのため、炎症が起こった場合はなるべく早めに対処することが大切です。

 

・肝斑

肝斑の原因は女性ホルモンと言われていますが、実際は研究段階のため、はっきりと明確な原因がわからないのが現状です。妊娠時やホルモン剤投与後に出てきやすい傾向があることは事実のため、閉経すると消えることが多いとも言われています。

 

シミ別の改善策とは?

・日光黒子

とにかく紫外線を避けることが大切です。紫外線は日光黒子だけでなくあらゆるシミに影響が出てしまうため、シミが気になる方、ならない方どちらもUVケアは必ず忘れないようにしましょう。

特に日光黒子対策としては、UVケアグッズを活用する、日焼け止めをしっかりと塗る、美白化粧品を使う、ハイドロキノンやレチノイン酸が配合されているスキンケアを選ぶ、完全に治したい場合はレーザー治療などクリニックの力を借りるようにすることなどが挙げられます。

 

・雀卵斑

雀卵斑は紫外線によって濃くなったり、増えたりする可能性があります。そのため、日光黒子と同様にUVケアをしっかりと行うことが大切です。

雀卵斑の対策としては、UVケアをしっかりと行うこと、レーザー治療などクリニックの力を借りることが挙げられます。

 

・炎症後色素沈着

炎症後色素沈着は肌にダメージがついてしまうことによってできてしまうシミのため、炎症が起こってしまった段階でも対処が大切です。

炎症後色素沈着の対策としては、炎症が起きた部分に刺激を与えない、肌の修復を助けるため、保湿をしっかりとする、ビタミンCやビタミンEを摂取して肌の再生を促すなどが挙げられます。

このシミはとにかく「治す」「炎症予防」が大切なため、ニキビや湿疹などができないように、肌への刺激や食生活には十分に気を付けるようにしましょう。

 

・肝斑

肝斑は女性ホルモンが原因とされていますが、紫外線や摩擦などの刺激によっても悪化してしまう場合があります。そのため、それらを避けること、また美白化粧品を使用することが改善にはおすすめだと言えます。

肝斑の対策としては、UV対策をしっかりと行う、肌への摩擦や刺激を避ける、美白化粧品を使用する、ビタミンやリコピンなどの栄養素を摂取することが挙げられます。

肝斑にはビタミンCやE、リコピンなど抗酸化作用のある成分がおすすめです。そのため、トマトやベリー類は効果的だと言われています。

またクリニックの力を借りる場合は内服薬や外用薬の使用が中心となります。レーザー治療は基本的に悪化する可能性が高いと言われていますが、最近では肝斑の治療ができるレーザー治療も増えてきたことから、治療を行う場合はしっかりと調べてから行うようにしましょう。

 

シミの予防方法とは?

紫外線ケアをしっかりする!

紫外線は、あらゆるシミの原因となってしまうため、紫外線対策はシミを予防する上で最も大切だと言えます。メイクをしない日でも日焼け止めは必ず塗るようにして、できれば美白化粧品も使用するようにしましょう。

また、日焼け止めを選ぶ際は、UVAとUVBに注目しましょう。紫外線にはA波とB波があり、A波は肌の奥の部分にまで突き抜け、B波は肌表面を日焼けさせる性質を持っています。

日焼け止めがこれらをどれだけカットできるかは、商品に記載されている「SPA~、PA~」に注目しましょう。SPAはB波を防げる時間を指し、PAはA波を防げるレベルのことを指しています。PAは日本では++++が最大値とされています。

 

スキンケアで保湿する

シミができにくい肌を作るためには、保湿を欠かすことができません。肌は乾燥などでトラブルを起こしてしまうとバリア機能が低下して、ダメージを受けやすくなってしまうのです。乾燥した肌は、ニキビなどができてしまうと炎症後色素沈着に繋がる可能性があることから、肌は丁寧にスキンケアを施す必要があります。

スキンケアの手順は下記の通りです。

①洗顔はぬるま湯で優しく行い、水分を拭き取る際は、タオルで押さえるように拭く

②洗顔後は化粧水をたっぷりと肌に塗布する

③化粧水の後は、美容液、乳液、クリーム・オイルの順で塗り、肌に潤いを閉じ込める

上記のように正しい手順でスキンケアを行うようにしましょう。また、スキンケアアイテムは美白成分や保湿成分が多く配合されたものを使用すると効果的です。できればビタミンC誘導体やコラーゲン、エラスチンなどが配合されているものが望ましいといえるでしょう。

 

ストレスや生活習慣の乱れを避けるようにする

シミの原因の一つとして挙げられるのが、「活性酸素」です。活性酸素は紫外線やストレスなどによって体内に発生する物質で、細胞を老化させたり、シミのもとになるメラニン色素の発生を促したりと、体にとっても肌にとってもトラブルを招いてしまう原因物質と言えます。体内に活性酸素が過剰に発生しないようにするためにも、普段の生活からストレスを軽減し、生活習慣の乱れを避けるようにしましょう。また、睡眠をしっかりととって、栄養バランスの整った食事をすることもシミの予防に繋がると言われています。

 

まとめ

様々な原因や改善策が挙げられるシミは、まず紫外線対策をしっかりと行うことが大切です。それ以外にもシミの種類によって原因や対策が異なることから、まずは自分のシミがどのタイプなのかを見極めることが重要だと言えます。

普段から肌を優しく労わって、丁寧なスキンケアを続け、シミのないきれいな肌を目指しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です