できてしまったシミって何か対策できるの?シミ対策と予防法を紹介!

加齢と共に増えていくシミの悩み。これは、一度できてしまうと、普通のスキンケアではなかなか改善することができず、ファンデーションなどで隠そうとして厚塗りになり、肌トラブルを招いてしまうこともあります。

実はシミには種類があり、その種類に合わせた適切なケアを行うことが大切です。また、シミを予防するための生活習慣にすることで、できてしまったシミを薄くすることも可能だと言われています。

ここでは、そんなできてしまったシミの対策やシミができないようにするための予防法について紹介します。

 

シミの種類を知る

先述したように、シミにはいくつかの種類が存在します。一言でシミケアと言っても、その種類に合ったケアを行うことが大切です。シミの種類に合ったケアができていない場合、せっかくケアしても意味がなかったり、逆に肌トラブルを引き起こしてしまったりする可能性があります。

ここではセルフケアで薄くできるシミ、できないシミに分けて、シミの種類を紹介します。

 

セルフケアで薄くできるシミ

セルフケアで薄くすることが可能だと言われているシミには、以下のようなものが存在します。

 

・老人性色素斑

紫外線が主な原因となるシミのことで、最もこの種類のシミに悩む人が多いと言います。また、名前からも分かるように加齢と共に肌表面にあらわれる特徴があります。

シミができて初期のものは、美白化粧品によってケアすることが可能だとされていますが、時間が経つとケアすることが難しくなります。

 

・炎症性色素沈着

ニキビ跡や傷跡などの炎症が原因となり、色素沈着を起こして現れるシミです。はじめは茶色をしていますが、だんだんと黒っぽくなります。

美白化粧品やピーリングによるターンオーバー促進で比較的改善しやすいシミですが、日焼けが重なると消えにくくなってしまうため、注意が必要です。

 

・肝斑(かんぱん)

目の下の頬のあたりに左右対称に現れるシミで、主な原因は女性ホルモンのバランスの乱れだと言われています。30代~40代の女性や、妊娠中に現れる場合もあります。

女性ホルモンが安定することで自然に消えるとも言われていますが、はっきりとした原因はわかっていないため、確実に消えるとは言えません。ケアする場合は美白化粧品やメラニン色素の生成を抑制する成分の摂取が効果的です。

 

セルフケアで消しにくいシミ

ここから紹介するシミはセルフケアで消すことは難しく、美容医療などに頼る必要があります。

 

・そばかす

両頬に細かく点々とできるシミで、一般的には遺伝が原因だと言われています。セルフケアで消すことは難しく、消したい場合は美容医療での治療が必要です。紫外線によって濃くなったり増えたりしてしまうため、日ごろからの紫外線対策も大切です。

 

・脂漏性角化症

少し膨らみを持つイボのようなシミで、皮膚の良性腫瘍とも言われています。紫外線が主な原因と言われており、高齢者に多いのが特徴です。

美白化粧品などは効果がないため、改善するには美容医療に頼る必要があります。

 

・花弁状色素斑

強い日焼けによって、顔や首、肩、腕などに花びら状にできてしまうシミのことで、海水浴やスキー場など紫外線を多く浴びる場で、何も対策をしていない場合に花弁状色素斑のリスクが高まります。

できてすぐの場合は、まず冷やす、そしてビタミンCを多く摂取することで悪化を防ぐことができます。一度できてしまうとセルフケアによる改善は難しく、美容医療による治療が必要です。

 

セルフケアでできるシミ対策・予防法

ここからは、セルフケアでできるシミ対策や予防法を紹介します。ポイントは「美白ケア」「紫外線対策」「必要な栄養素・睡眠をとる」ことです。

 

美白化粧品でケアする

多くのシミは、美白化粧品によるケアが効果的です。美白成分は、シミの原因となるメラニン色素の生成を阻害する効果を持っていたり、ターンオーバーを促進させたりする効果が期待できます。

毎日のスキンケアに美白化粧品をプラスして、シミ対策や予防を普段から行うことが大切です。

 

美白化粧品の選び方

美白化粧品は数多く販売されているため、どれを選べば良いのか悩む方も多いのではないでしょうか。シミのケアを行いたい場合は、美白化粧品の成分で選ぶようにしましょう。

シミ消しに効果的と言われている成分は、ハイドロキノン、アルブチン、L-システインが代表的です。特に効果が高いとされているのはハイドロキノンですが、刺激が強く敏感肌の方は肌トラブルを招く可能性があります。そのため、敏感肌の方には刺激の少ないアルブチンがおすすめと言われています。

また、できてしまったシミやシミの予防には、ビタミンC誘導体が効果的だと言われています。女性ホルモンのバランスの乱れが原因となる肝斑にはトラネキサム酸が効果的と言われています。このように、シミのタイプに合わせて、美白化粧品を選ぶようにしましょう。

 

紫外線対策は必須

シミの原因の多くが紫外線によるものです。シミ予防やできてしまったシミの悪化を防ぐためには、紫外線対策は欠かすことができません。

紫外線は季節や室内外、天気を問わず常に降り注いでいるため、日常的にケアすることが大切です。

日焼け止めのSPFは使うシーンに合わせて変え、こまめに塗りなおすのが理想的です。その他にも日焼け止め効果のある化粧品や日傘などを活用するのも良いでしょう。また、目から紫外線が入ることでもシミができてしまう場合があるため、目もサングラスなどで守るようにしましょう。

 

食事やサプリメントで予防

普段の食事やサプリメントで、シミの予防やケアに効果的な栄養素を取り入れるようにしましょう。

 

・ビタミンC

抗酸化作用を持ち、美白効果やターンオーバーを促進する効果を持っています。また、肌のハリや弾力を保つコラーゲンの生成を助ける働きも持っています。アセロラやレモンなどに多く含まれます。

 

・たんぱく質

ターンオーバーをせっかく促進しても、新し肌を作るためには良質なたんぱく質の摂取が必要です。肉や魚はもちろん、大豆製品などからも植物性のたんぱく質が摂取できます。

 

その他にもリコピンやビタミンE、ビタミンB群、エラグ酸などもシミ予防には効果的です。普段の食事が偏りがちな方は、サプリメントからの摂取がおすすめです。

 

十分に睡眠をとる

肌のターンオーバーを促進させるためには、十分な睡眠をとることが大切です。しっかりと睡眠をとると、成長ホルモンが分泌されて、新しい肌への生まれ変わりを促す効果があります。できる限り夜更かしは避けて、平日・休日問わず一定の睡眠時間を確保できるように努めましょう。また、22時~2時の間はシンデレラタイムと言われるほど、成長ホルモンの分泌が盛んになる時間帯のため、この時間はなるべく睡眠にあてるようにしましょう。

 

美容クリニックに頼る

セルフケアだけでは対処しきれないシミや、悪化してしまったシミは、美容医療に頼ることが簡単に消すことができます。美容皮膚科や美容クリニックでは、シミ消しのためのレーザー治療や処方箋が用意されているため、セルフケアよりも早くシミを改善することができます。美容医療でのデメリットは費用がかかるという点です。費用をかけてでもどうしても消したいシミは、信頼できるクリニックを探して、まずは相談してみるようにしましょう。

 

シミができにくい肌をつくる

シミができにくい肌をつくるためには、日ごろから適切なスキンケアだけでなく、規則ダタしい生活習慣を心がけることが大切です。

 

スキンケアはやりすぎない

シミを早く消したいからと言って、過度にスキンケアをしすぎてしまっては逆効果です。何種類もの美白化粧品を使用したり、洗顔を頻繁に行うと肌に大きな負担がかかってしまいます。また、ピーリングや洗顔で肌を強くこすったり、タオルでゴシゴシと拭いたりするのも、肌に負担がかかるので避けましょう。

敏感肌の方は特にダメージを受けやすいことから、比較的刺激の少ない美白化粧品を選ぶことも大切です。

 

食事・適度な運動・睡眠が大切

シミ予防のために最も重要と言えるのが、食事・適度な運動・睡眠です。食事からはしっかりと栄養素を取ること、また十分な睡眠はシミの予防と美肌作りには欠かすことができません。また適度な運動は代謝を良くして老廃物を排出できるため、肌にとっては良い効果をもたらします。

栄養バランスの偏りや睡眠不足は肌トラブルのもとになることから、肌に悩みを持っている方はまずは生活習慣を見直すことから始めることをおすすめします。

 

まとめ

肌の曲がり角と言われる20代後半は、生活リズムなどが変化しやすい年齢と言われています。そのため、早い段階でスキンケアや生活習慣を見直すことがおすすめです。

シミができてしまっても、早い段階からケアすることで、薄くしたり、消したりすることができます。

シミは一度できてしまうとなかなか改善することができません。そのため、早めのケアを行うこと、またシミ予防を習慣化して将来に備えるようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です