シャンプーはシリコン有り無しどっちが良いの?

最近はドラッグストアなどでも「ノンシリコン」と書かれたシャンプーを多く見るようになりました。ひと昔前は高級志向の商品が多く、ノンシリコンは高いというイメージでしたが、最近では比較的安価なシャンプーでもノンシリコンのものが増えました。

ノンシリコンの方が髪に優しいと言われる一方で、ノンシリコンは髪がキシキシとするという声もあり、本当に髪に良いのかがはっきりとわからないことから、なんとなくノンシリコンを使用している方も多いのではないでしょうか。

ここでは、シリコン入りシャンプーとノンシリコンシャンプーの違いやそれぞれのメリット・デメリット、またシャンプーの正しい使い方について紹介します。

 

シリコンは髪に良くない?ノンシリコンは髪に良い?

シリコンは髪のツヤを守る!

オーガニック志向が主流になりつつある昨今、シリコンを避ける方が増えてきたといいます。しかし、このシリコンは、髪にとって必ずしも悪いというものではありません。

シリコンは、髪の毛のキューティクルを保護する役割を持っている合成樹脂のことを指し、「ケイ素」という成分を元に作られていて、化粧品や柔軟剤にも利用されています。

シリコンが悪いと言われるようになったのは、すすぎ残しによって頭皮にトラブルが起こってしまう可能性があると考えられたからです。また、環境保護の観点からも合成樹脂であるシリコンは悪い印象を持たれるようになってしまったのです。

悪いイメージの多いシリコンですが、髪の毛を保護してダメージを軽減させる機能を持っているため、髪の毛にとってはプラスの成分と言えます。

 

ノンシリコンシャンプーは髪に良いとは限らない

最近では「ノンシリコン」を謳う商品が多く販売されるようになりましたが、それら全てが良いものであるというわけではありません。特に安価な商品の場合、ノンシリコンと謳っていながら、化学物質を使用しているケースも多く、それらの成分については詳しく記載されていない場合がほとんどです。

そのため、シャンプーを選ぶ際は、ノンシリコンかどうかではなく、「良質かどうか」を判断するために、成分表を確認することをおすすめします。成分表の中に「ジステアリルジモニウムクロリド」などの名前が入っている場合は、シリコンに近い成分であるため、ノンシリコンを選ぶ意味があると言えます。

また、ノンシリコンシャンプーは環境に優しく頭皮に残りにくいという特徴を持っていますが、髪がきしみやすく、ヘアカラーが落ちやすいなどといった弱点もあるため、これらの点を考慮してシリコン入り、ノンシリコンのどちらかを選ぶ必要があります。

 

シリコン・ノンシリコンシャンプーそれぞれのメリットとデメリットは?

・シリコンシャンプー

【メリット】

・髪の毛を保護してキューティクルを保つ

・ドライヤーなどの熱から髪を守る

・髪のパサつきや広がりを抑える

・カラーの持ちを良くする

 

【デメリット】

・環境保護の観点で不安要素がある

・頭皮に残るとベタつく、頭皮トラブルを招く場合がある

 

シリコンシャンプーは、髪のキューティクルを守りたい方や、髪の傷みがひどい方におすすめのシャンプーです。また、ノンシリコンと比較すると髪がまとまりやすく、手触りが良くなります。

デメリットは環境に良くない点と、頭皮に残りやすい点ですが、シリコンが毛穴に詰まるという科学的根拠は今のところないと言われています。

 

・ノンシリコンシャンプー

【メリット】

・洗い上がりが軽やかで洗い流しやすい

・頭皮がすっきりする

・髪がペタッとしにくい

・パーマやカラーがキレイに仕上がる

・環境に優しい

 

【デメリット】

・髪がきしみやすい

・ダメージ保護力が弱い

・泡立ちが悪い

 

ノンシリコンシャンプーは、洗い上がりが軽く、サラサラ感があり、環境に優しいのが特徴です。

しかしその一方で髪の表面を保護する力が弱く、カラーが抜けやすい、洗った時の手触りがキシキシしやすい、また泡立ちが良くないことから満足感が得られないといった特徴もあります。

 

どちらも相性で選ぶことが大切

シリコンシャンプーもノンシリコンシャンプーもそれぞれメリット・デメリットが存在しますが、シリコンシャンプーは髪にダメージを持つ方からしてみれば安心して使える保護効果を持ち、ノンシリコンシャンプーは軽やかな洗い上がりやボリュームを出したい方や環境に優しいことを好む方にとってはメリットの大きいシャンプーです。

このように、人それぞれ相性の良いシャンプーは異なることから、自分自身に合ったシャンプーを見つけることが大切だと言えます。

 

シャンプーの正しい選び方、使い方とは?

配合成分を確認する

ここからは、シリコン・ノンシリコンシャンプーどちらにも共通する選び方や使い方のコツを紹介します。

まず、選び方ですが成分表示に注目しましょう。

「アルキル~」「~硫酸」「スルホン酸~」などという原材料が記載されている場合、石油系の成分を使っているため、髪にとっては良いと言えないことから、これらの成分が入っているものは避けるようにします。成分はできる限りアミノ酸系のものが入っているものが髪にとっては優しいと言えます。

 

正しい洗髪方法

せっかく良いシャンプーを使用していても、洗髪方法が間違っていると思ったような効果を得ることができないことがあります。ここでは、正しい洗髪方法を紹介します。

 

①シャンプー前に髪をブラッシングし、髪についたほこりなどの汚れを落としておく

②ぬるま湯で髪をすすぎ、頭もしっかりとすすぐ

③シャンプーを手でしっかりと泡立てる

④泡立てたシャンプーを髪に乗せ、爪を立てないように指の腹で洗う

⑤しっかりと洗い終わったら、洗い残しのないようにしっかりとすすぐ

 

シャンプーをする前に髪の毛が乾いた状態で髪をとかすのは、汚れを落とすことと、髪の絡まりを解いておき、シャンプーがスムーズにできる状態を作るためです。

また、すすぎに使用するお湯は人肌に近い37~38℃のぬるま湯がおすすめです。

シャンプーをする際は、頭皮を傷つけないようにマッサージする感覚で洗うようにしましょう。またすすぐ際は頭皮にシャンプーの成分が残りやすいため、シャワーヘッドを頭皮に当てながらすすぐのがおすすめです。

 

ヘアスタイルを元に選ぶ

シリコン・ノンシリコンシャンプーを選ぶ際は、自分自身のヘアスタイルを元に選ぶのも良いでしょう。

ヘアカラーの持ちを良くしたい場合は、シリコンシャンプーだとキューティクルを保護する力があるためおすすめです。

またパーマをしている方や、カラーよりもパーマの効果を優先したい方は髪が軽くなるためパーマの効果が得られやすいノンシリコンシャンプーの方がおすすめです。

ただし、シリコンが合わない体質の方はノンシリコンシャンプーを使用するようにしましょう。

 

まとめ

シリコン・ノンシリコンシャンプーはそれぞれにメリット・デメリットを持っていることをご理解いただけたかと思います。

一般的にはノンシリコンは良い、シリコンは体にも環境にも良くないと言われていますが、それぞれのメリット・デメリットを踏まえた上で、自分の髪質や目的に合ったシャンプー選びをすることが大切だと言えます。

ネットや広告文句などに惑わされるのではなく、しっかりと成分表を見て、シリコン・ノンシリコンのどちらの場合であっても質の良いシャンプーを選ぶように心がけましょう。そうすることで、自分自身にぴったりのシャンプーを見つけて、美しく艶やかな髪の毛を手に入れるようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です